工房日和

 

2016/05/29

自分だけのオリジナル結婚指輪をつちめで実現!

カテゴリー:工房のこと ,工房日和

20160529_tsuchime_01

こんにちは。鎌倉彫金工房です。

鎌倉彫金工房では、指輪の加工方法を甲丸、平打、つちめの3種類からお選びいただくことができます。

今回はつちめについて、サンプルをご覧いただきながらご紹介します。つちめはその数や深さによって指輪ごとに表情がガラリと変わるので世界にひとつだけのオリジナルな結婚指輪をつくることができるんですよ。

淡くいれると柔らかな輝きが

20160529_tsuchime_02

つちめを薄く入れると、ほんのりとつけられた凹凸が光を反射して柔らかい輝きを放ちます。

身につける人によって変わる細かいつちめ

20160529_tsuchime_03

細かく量の多いつちめは、女性が身につけるとキュートで繊細な印象に、男性が身につけるとラフで優しい印象を与えます。身につける人によってそのイメージが変わる不思議さを兼ね備えているんですね。

おおまかなつちめはシンプルに

20160529_tsuchime_04

おおまかにつけられたつちめは、シンプルでクールな印象を持ちます。細い幅のリングに規則的につちめを入れれば、シンプルながらも反射する光が華奢な雰囲気を演出します。

幅太にはいろんな表情を

鎌倉彫金工房では、2.5mmと1.5mmのリング幅をご用意しておりますが、2.5mm幅の場合は、1.5mm幅より面積が増えるため、自由度が高いかもしれません。半周に細かくつちめを入れて、半周に浅くつちめを入れて、気分によって指輪を回して変えることもできますよね。

オプション・甲丸つちめ

20160529_tsuchime_05

甲丸とつちめを両立することもできます。キュートさとボリューム感を指輪1本で表現することができます。なお、こちらは加工に追加料金がかかり、完成に2〜3週間程度のお時間をいただくことがあります。

まとめ

つちめとひとことで言っても、そのつけかたによって印象がガラリと変わります。考えながらする難しい作業であると同時に、指輪の印象を決める楽しい作業でもあります。指輪と自分の印象を考えながら、自分だけの指輪を作ってみてくださいね。

迷ったり悩んだりしたら、もちろんスタッフにお気軽にご相談ください!