工房日和

 

2016/05/07

5月の誕生石・エメラルドはあの美女も愛したタイムカプセル

カテゴリー:宝石のこと ,工房日和

20160507_emerald_01

5月の誕生石・エメラルドは、緑色の宝石。エメラルドグリーンという絵具や色鉛筆でおなじみの深くて鮮やかな緑色をしています。石言葉は「幸福」「幸運」「夫婦愛」「安定」「希望」です。

エメラルドの希少性

エメラルドは、宝石の中でも特に貴重なものだとされており、ダイヤモンド、ルビー、サファイアに並んで、4大宝石にラインナップされています。

「キズのないエメラルドを得ることは欠点のない人間を探すよりも難しい」といわれるほどに、キズやインクルージョン(内包物)のないエメラルドを探すことは難しいのだそう。もちろんインクルージョンのないもののほうが価値は高いのですが、宝石ひとつひとつを個性として楽しむかたもいらっしゃいます。

エメラルドができた時に閉じ込められたインクルージョンを眺めて、当時と今を繋ぐタイムカプセルのようなイメージをもつとロマンチックかもしれませんね。

エメラルドのできかた

20160507_emerald_02

エメラルドの中で最も完璧な美しい色の結晶とされているもの
(スミソニアン自然史博物館所蔵)

エメラルドは、緑柱石(ベリル)と呼ばれる鉱物に、クロムやバナジウムが大陸がプレート移動・衝突するときのエネルギーを使って混ぜられ、結晶化してできたとされています。

エメラルドの主産地は、南米のコロンビアやザンビア、ブラジルの山岳地帯ですが、ここはかつて海底で、大陸プレートの移動によってできた鉱脈なんですよ。

エメラルドの歴史

20160507_emerald_03

エメラルドの語源はサンスクリットで「緑色の石」を意味するスマラカタ。宝石よりも、眼や神経を休める天然の精神安定剤として広く知られるようになります。世界三大美女のクレオパトラは、エメラルドの大ファンで、自分の名前をつけたエメラルド鉱山を持っていたほど。

エメラルドのメンテナンス

石自体の強度は充分あるのですが、インクルージョンが多いこともあり、割れやすいとされています。ぬるま湯中性洗剤を薄めて、手または柔らかめの歯ブラシで優しく洗い、タオルで包むように水分を拭き取る方法がおすすめです。超音波洗浄機で洗うと振動で割れる恐れがありますから避けたほうがいいでしょう。