faq

よくある質問
指輪について
結婚指輪と婚約指輪の違いはなんですか?

込められる意味が異なり、デザインや着用シーンにも違いがあります。

[婚約指輪]

婚約指輪とは、主に男性が女性にプロポーズをする際に、その愛情の証として贈る指輪です。エンゲージリング、エンゲージメントリングとも呼ばれます。

結婚の約束を交わした女性が結婚までの婚約期間に身につけるものですが、結婚後も大切に保管し、入学式、友人の結婚式などの特別な場に参列する際に身につける方も。かつては、プロポーズの際に渡すのが一般的だとされていましたが、最近ではプロポーズ後に、好みの指輪を一緒に選ぶカップルも増えています。

デザインは、主に女性のみが身につけるものなので、華やかなものが好まれる傾向にあります。永遠の愛の象徴と言われるダイヤが定番ですが、彼女の誕生日やプロポーズ記念日の誕生日石を使うこともあります。

婚約指輪手作りコースの詳細はこちら

[結婚指輪]

結婚指輪とは、夫婦の証として結婚する男女がお互いに身につけるペアの指輪です。マリッジリング、ウエディングバンドとも呼ばれています。

挙式をおこなう場合は式中に指輪の交換をし、結婚後は日常的に身につけて生活するという方が多くいらっしゃいます。

日常生活で身につけるため、デザインは飽きのこないシンプルなものが一般的。外れて失くしてしまうことがないように宝石は小ぶりなものにして、素材は耐久性に優れたプラチナやゴールドが使われることがほとんどです。

結婚指輪手作りコースの詳細はこちら