voice

お客様インタビュー
作った感があるなというのが感想でした。
思ったより長いし、疲れるし。
清水 様
売っているものもいいんだけど、自分で作った方が思い出になるので
インタビュアー:清水様には、婚約指輪と結婚指輪の3本をお作りいただきました。
旦那さま:はい、まず婚約指輪を作りに来て、あとから結婚指輪もここに決めて作りに来ました。
インタビュアー:婚約指輪はどのように探されていたのですか。
旦那さま:売っているものもいいんだけど、自分で作った方が思い出になるので。正直、転職後一年程のタイミングで引越しなども重なって、あまりお金が掛けられなかったというのもあり……。高価な婚約指輪をあげられないんだったら自分で作った方が思い出に残るものになるかなって思って。値段より、プライスレス。
インタビュアー:素敵ですね。では最初から手作りを想定されていたのですか?
旦那さま:はい。そもそも婚約指輪や結婚指輪を手作りできるとかも知らなかったんですが、「婚約指輪 手作り」とかで調べてみたら意外と自分で作れますって書いてあったので。後々聞いたらここ(鎌倉彫金工房)で作っている知り合いが何人もいたんですけど。
中がしっかり見えるのは、お客さんとして安心します
インタビュアー:手作りができるかどうか分からないけど、調べてみたらできるということをお知りになったのですね。面白い見つけ方です。他にも結婚指輪を手作りできる工房はいくつかありますが、鎌倉彫金工房を選ばれた決め手は何ですか。
旦那さま:ホームページに工房の雰囲気とか、お客様の声にもふたりで作った人とかサプライズでひとりで作りに来た人とかいろんなシチュエーションの方が載っていたり、そこで働いてる職人さんの顔がしっかり見えたりしたのがここだったので、安心してここにしようかなって思ったのはありますね。さっきインスタ(編注:鎌倉彫金工房の公式インスタグラム )とかも見ていたんですけど、スタッフの紹介とか作ったお客さんの顔とかを載せてくれていますよね。中がしっかり見えるのは、お客さんとして安心します。
インタビュアー:不安に思われたところはありませんでしたか?

旦那さま:はい。どういう雰囲気のお店で、何をやらせてくれるのか、というのが見えていたので壁を感じないというか、抵抗感がありませんでした。悩むこともなく、即決だったかなと。
「この2日間空けといてほしんだけど」って言われて
インタビュアー:婚約指輪の手作りは男性お一人でいらっしゃる方も多いのですが、清水様には奥さまとおふたりでご来店いただきました。
旦那さま:はい、サプライズも考えたんですけど、残るものなので本人にデザインとか色々選んでもらった方がいいかなと思って作戦を変えて。何も言わないけど一緒に出かける日を作って、予約だけしておきました。その日にプロポーズして、その次の日は実は、って感じで作りに来ました。
奥さま:「この2日間空けといてほしんだけど」って言われて。
旦那さま:いい話ですねえ。話していて幸せな気持ちに……(笑)
インタビュアー:聞いていて幸せな気持ちに……(笑)奥様は当日初めて婚約指輪を手作りすることお知りになったということですが、どのように感じましたか。
奥さま:同じ職場の方や友達の合計3組くらいがここ(鎌倉彫金工房)で指輪を手作りしていたっていうのを聞いたんです。だから実際に作りに行くよって言われて、どこなのって聞いたらここだったから、すごい安心感があったんですよね。
インタビュアー:ご友人の方を見ていたから不安もなく?
奥さま:そうですね、うん。あと、気に入ったデザインのものを買うのもいいですけど、作ったほうが絶対思い出に残るのでいいなと。お互いに作りあえるっていうのも聞いていたので。
インタビュアー:すごい!旦那さま、完璧でしたね。
旦那さま:シナリオ通り(笑)
思ったより長いし、疲れるしね、こんなにやるんだって(笑)
インタビュアー:実際に婚約指輪を作られた時の感想を教えてください。
旦那さま:当日まで、作業の工程は「手作りって言っても、1回叩いたら終わり。あとはやっときます」程度でイメージしていました。だけど、結構時間も長いし、色々な工程をやらせてもらうから、事前に思っていたより“作った感”があるなというのが感想でしたね。思ったより長いし、疲れるしね、こんなにやるんだって(笑)できた後には達成感がありますよね。
インタビュアー:そうですよね。奥さまは横でご覧になっていていかがでしたか。
奥さま:面白そうとは思いましたが、女性がやるとしたら大変そうだなっていうのは感じました。この時にはまだ結婚指輪を作るっていうのは決めていなかったので、ちょっと他人事だったかもしれません……。
インタビュアー:婚約指輪を作る時点では決めていらっしゃらなかったのですね。
奥さま:まず婚約指輪を作ってみてどうかなという話もして、結婚指輪も鎌倉彫金工房で作ることにふたりで決めました。女性の私が作業をするのに不安ではあるけど、向かいの席で女性の方が結婚指輪を作っていらっしゃるのを何となく見ていたので、大変そうだなとは思ったんですけど、できなくはないのかなっていう感じです。
インタビュアー:実際はいかがでしたか。
旦那さま:大変だったよね。2度目でも、大変でした。
奥さま:うん、でも手順は分かっているから……。
インタビュアー:予習ができていたんですね。
「安いんだよな」という罪悪感がないんですよね
インタビュアー:金額的な不安はありませんでしたか?
旦那さま:限度を越えて高くはならないんだろうなというのは調べて分かってたので、お会計前のいくらになるんだろうという緊張感や、素材やデザインも金額を見比べながら選ばなきゃということもありませんでした。実際、思っていたより安かったです。こんなに安くていいのかなって、逆に心配に(笑)
インタビュアー:「モノより思い出を大切にする」というコンセプトのもと、デザイナーや販売スタッフがいなかったり、ひとりのスタッフが最初から最後までサポートさせていただくことで、一般的な相場より比較的安い価格でお作りいただけているんです。
旦那さま:安く作れるというのが一番の決め手になる方もいると思うんですけど、自分で作ったという付加価値がつくから「安いんだよな」という罪悪感や気後れ感がないんですよね。そこも手作りの良いところだと思います。
インタビュアー:その他に当日感じられたことはありますか?
奥さま:シルバーのペアリングを作っている若い学生さんがいて、「ここは婚約指輪や結婚指輪以外も作れるんだ」というのが、いい意味で新鮮でした。これから結婚する人たちだけじゃないカップルも色々な思い出を作れるのはいいですよね。
インタビュアー:アクセサリーとして身につけるファッションリングや結婚記念日のプレゼントに指輪をお作りにいらっしゃる方も、男女問わず、人数問わず、多くいらっしゃいます。
旦那さま:いいですね。ということは、今後またここに来る機会もゼロではない……。
奥さま:聞いたから、作らないと(笑)
インタビュアー:記事にしておきますね。
旦那さま:残されちゃった(笑)
思い出がより良いものになったのは、西村さんが担当してくれたおかげ
旦那さま:あと、ぜひ西村さん(婚約指輪と結婚指輪の両日、清水様を担当した職人)のことを……。今日はそれを話すつもりだったのに全然聞いてくれないから(笑)
インタビュアー:それは!失礼しました(笑)
旦那さま:婚約指輪と結婚指輪を作るって、人生の中でも特別な時間ですよね。その時間を共有する人が、ちょっとでも感じの悪い人だったらそれだけでその思い出が台無しになっちゃうと思うんです。そこに、西村さんがその人柄で色を添えてくれたというか。思い出がより良いものになったのは、西村さんが担当してくれたおかげなんだろうなと思います。
奥さま:そうそう。婚約指輪のときも結婚指輪のときも西村さんに担当してもらったんですけど、2回目に会えたときは単純に嬉しかったよね。
旦那さま:褒め上手なんですよ、本当に。「すごい、すごい、よくできた」って(笑)幼稚園の頃に戻ったみたいな感じで。嬉しくなっちゃいました(笑)
奥さま:大変な工程もあったんですけど、褒めてくださったり、あともう少しって励ましてくれたり……。金属を叩いたり磨いたり色々な工程が3時間くらいあるんですけど、嫌な3時間じゃないんですよね。長いな、とかじゃなくて。教えてくださる人がどんな人かによって、この時間の感じ方、全然違うと思う。
旦那さま:褒めて伸ばすタイプでね。苦行という感じじゃなかったよね。
西村:ありがとうございます。本当に嬉しいです。光栄です。

rings

ふたりの作成した結婚指輪
その他のインタビューを見る