結婚指輪がきつい!抜けない時に試したい対処法6

2020/06/17

きつい結婚指輪が抜けなくて、焦っているあなたへ。

入ったのだから必ず抜けます、大丈夫。力任せに抜こうとすると、指が腫れて余計に抜けなくなってしまいます。まずは焦らないで、ここで紹介している方法を試してみてください。

1.リラックスして、“ずらす”イメージ

外れない指輪 イメージ

力任せは痛いだけ。まずは手の力を抜いてリラックスしましょう。力を抜くと関節が自然に曲がって関節のシワが伸び、外れやすくなります。“指輪を抜く”のではなく“皮膚をずらす”イメージで、少しずつ丁寧に押し出してください。【確実度★/お手軽度★★★】

2.むくみをケアする

外れない指輪 イメージ

血流が悪くなったりお酒を飲んだりすると、血管の水分が流れ出て細胞の間にパンパンに溜まります。これを「むくみ」といいますが、むくみをケアすることで指のサイズを1号以上落とせることも。

手を心臓より高いところに挙げて水分を移動させてください(5~10分ほどが理想です、疲れたら手は頭の上などに乗せても◎)。そのほか、指先から付け根に向かってゆっくり揉んでマッサージしたり、グーパーを繰り返す運動もむくみ解消に効果があります。【確実度★★/お手軽度★★★】

3.石鹸やクリームですべらせる

石鹸の泡やハンドクリーム、台所用の洗剤を使った定番の対処法。指輪と指の間になじませて、ゆっくり回しながらすべらせるように外します。【確実度★/お手軽度★★★】

4.糸で指の太さを“補正”する

ぎゅっと締めつける補正下着のごとく、糸を巻きつけることで指を細くして外します。指輪の上から第二関節(太い方の関節)の上までぐるぐる巻きに。時間をかけすぎるとうっ血してさらに指輪が外れにくくなりますので、手早く行ってくださいね。【確実度★★/お手軽度★】

5.指を細くする

外れない指輪 イメージ

指が太くなる主な原因はむくみと言われています。急いで指輪を外す必要がない場合は時間をかけて指を細くしましょう。時間帯によっても指のサイズは変化しますから、指が細くなる時間帯を狙って試してみるのもおすすめです。むくみに効果的なケアや指がむくみにくいタイミングを以下に挙げてみました。【確実度★★★/お手軽度★】

  • 塩分を摂りすぎない
  • むくみ対策に効果的なカリウムを摂取する
  • お酒を控える
  • 指先から付け根に向かってマッサージ
  • お風呂で体を温める
  • 睡眠をしっかりとる
  • 手が冷たいとき
  • 手を動かさずにじっとしているとき
  • 妊娠中でないとき
  • 寝起き以外

6.リングカッターは最終手段

色々な方法を試してどうしても抜けない場合やケガなどで急に指が腫れてうっ血している場合は、リングを切ってしまいましょう。ジュエリーショップや病院で切断してくれるほか、ご家庭でできるものも販売されています。【確実度★★★/お手軽度★】

サイズ調整を無料で承ります

サイズ調整 イメージ

鎌倉彫金工房でお作りいただいた指輪は、基本無料でサイズ調整を承っています(指輪の状態やご希望サイズなどによって承れない場合や、有料となる場合がございます)。

せっかく手作りした世界にひとつの結婚指輪です。指輪のサイズに違和感を感じたら、ジュエリーボックスの奥へしまい込む前にお気軽にご相談くださいね。

鎌倉彫金工房のアフターケア